お金の使い方について

お金を持っている人ほど、お金の使い方を良く知っています。

 

逆に言うと、お金を持っていない人ほど、お金の使い方を知りません。

 

ここで言うお金を持っている人とは、自分の努力によってお金を貯めている人のことを言います。

 

宝くじに当たったとか、親の財産が入ったとかの、「運」とか「自分の努力以外」で、お金を持っている人は除きます。

 

また、株やギャンブルで一攫千金を得たなどの人も除きます。

 

 

《お金が貯まる人の生活パターン》

 

 

 

例えば、お金を持っている人の通常の生活は、意外に質素なものですね。

 

普段は質素な生活をして、使うべき時にはしっかり使うという、メリハリをつけた使い方をします。

 

また必要なものにはきちんとお金を使って、不必要なものには一円も余分にお金を使いません。

 

ブランドにはこだわりませんが、品質にはこだわるように、物事の本質には厳しい価値観を持っています。

 

そして「ケチ」ではなくて「節約」することには積極的ですね。

 

同じ品質、機能、サービスであれば、当然のように安い価格を選びますし、節約するための時間と投資は惜しみなく使います。

 

例えば引っ越しをする際は引っ越し見積もりサイトを利用して徹底的に価格を安くします。

 

視線は常に先を見ていて、将来の自分の生活設計がはっきりとしています。

 

収入と支出のバランスを常に意識し、自分が立てた目標・目的に向かって、今の生活の修正を行ないます。

 

 

 

《お金が貯まらない人の生活パターン》

 

 

 

生きていくのが精一杯で、貯蓄どころの状態ではないという人は、また別次元の話しです。

 

普通の生活ができていてお金が貯まらない人は、基本的に今の生活のことしか考えていませんね。

 

毎月の収入分を使い切ったら、急に節約しだします。

 

つまり計画性がなく、将来の生活設計を立てていないということです。

 

少ない金額では節約しますが、大きい金額では浪費します。

 

例えば、スーパーの特売商品はよく買いますが、そんな人が普段の生活には必要のないビトンのバッグや宝石を持っています。

 

物やサービスの本質を見ずに、その場の雰囲気での衝動買いが多いのも特徴ですね。

 

また「ケチ」と「節約」の意味をよく理解していません。

 

一時的な投資をして、その分を将来で取り戻すと言う発想もありません。

そりゃー銀行の手数料をきにしなきゃ〜

お金が貯まらないのも当然で、普段から預金の利息なんて微々たるものだという認識から利率は気にしないし運用を考えなしで、お金を無駄に使っていると自分でも思います。

 

例えば、買物の際のポイントとか割引、各店舗の値段の差は気にするくせに銀行に貯めてあるお金をATMで時間外でおろしたり、別銀行やコンビニのATMで手数料がバカ高いのに5000円とかひどいときになると、あんまり持っていると使ってしまうと思って2000円しか出さないということもよくあります。

 

よくよく考えると手数料が200円以上で1割も手数料で持っていかれるわけなので、こういう行為は本当に無駄な使い方でしかないと思います。

 

しかしながら、お金を預ける場合にも無頓着引き出す方はもっと無頓着は今に始まったことじゃなく若い頃からでした。

 

さらに、若い時代にSEの仕事をしていた時にはわりと今みたいに銀行が閉まっていると簡単に下ろせない時代で、その時にはクレジットカード等でも無利息キャッシングしてしまう事が有りました。

 

なんか、緊急の入用が有れば消費者ローンなどにも手を出すことさえあったほどです。まあさすがに、返せないほどの借金をするまでではありませんでしたが、その当時の利息とか返済金額を考えれば、あのときこういうことをしていなければ、結構お金が貯まったのになあと思う事も何度もあります。

 

ただ、年をとっても多かれ少なかれこういう無駄遣いをしていることには変わりありませんがね。